一戸建て住宅(沼津・三島・富士・富士宮・裾野・御殿場・函南・長泉)新築ならStandard

資料請求・お問い合わせ モデルハウス見学
GUIDE

Standardの家づくり

HOME Standardの家づくり ≫ 品質・保証

品質・保証

品質管理と事後保証で、ずっと笑顔で住み続けられるお家に。

01

品質管理体制

施工図面のトリプルチェック

工事が安全でスムーズに進行出来る収まりの設計になっているか、
法令上または近隣関係上適切な施工ができるか、
お施主様のご要望をきちんと反映しているかなどなど、
工事を始める前に、設計・工務・営業の各担当が揃って、
設計図面について多角的にチェックします。

ボックス型の採用

充実の自社検査

建築確認機関による公的検査に加えて、
スタンダード独自に、重要な工程に併せて
配筋検査・金物検査・散水検査・竣工前検査などの自主検査項目を設け、ダブルチェックをし、検査の様子を写真で記録しています。

ボックス型の採用

施工状況の記録化

建物の品質を守るため、施工中の様子を写真撮影して記録しています。
一棟あたりおよそ700枚の写真を、現場監理の担当がカメラに収めています。
これらの写真は、お引渡し後にお施主様にお渡ししています。
見えるところだけではなく、見えない部分の安心にもこだわっています。

ボックス型の採用
02

保証

地盤保証

静岡県東部は“土地の値段が高い”という以外にも実は、『地盤の弱いところが比較的多い』という特徴があります。
地盤が弱い、あるいは場所によって強弱のムラがあると、お家の重みを土地がきちんと支えられず、建物が沈んだり傾いたりする危険(不同沈下)があります。
そのようなことが起きないように、工事を始める前に、地盤の強度を測定し(『地盤調査』)、その結果に基づいた適切な地盤補強・改良工事を実施しています。
この調査・工事を行うことにより、スタンダードのお家はすべて、20年という長期間に渡り不同沈下による損害(最大5000万円)を保証する「地盤保証」の付いた安心のお家になっています。
尚この保証には、補修工事中の仮住まいの費用も含まれています。

地盤保証

住宅瑕疵担保責任保険加入

せっかく建てたお家が、後になって雨漏りがしたり、柱が傾いたり、基礎にひびが入ったり・・・そんなご心配をおかけしない様に工事には万全を期しておりますが、万が一そうしたことが現実になったとしてもご安心いただけるように、スタンダードの建物には、すべて住宅瑕疵担保責任保険がついています。

『住宅瑕疵担保責任保険』とは、新築住宅に瑕疵があった場合に、お施主様に費用負担なしに修繕ができるようにするための保険です。
これにより、仮にスタンダードが倒産などしていて修補等が行えないときであっても、
保険会社に対して瑕疵の修補にかかる費用の請求ができます。
基礎や床、壁、屋根、土台、柱、窓、外壁などのお家の構造上重要な部分については、
最長10年にわたり最高2000万円までこの保険が適用されます
修繕費用以外にも補修の調査費用、補修中の仮住まいの費用も保険金が支払われます。

尚、この保証の対象住宅となるためには、施工中2度にわたり保証会社による現場検査を経なければなりません。
スタンダードのお家は、建築確認機関・保険会社・スタンダードと3つの視点によるトリプルチェックを経た安心・安全な建物でもあるのです。

※ 構造上重要な部分を除いた箇所の保証は原則2年です。尚、個別にメーカー保証がある場合はそちらを優先しております。

保険の仕組み

保険の対象

お待ちしております

絶対お得!!
来場予約の3つのメリット

気になる方はこちら