沼津市の株式会社Standard(スタンダード)

MENU

WEBでご来店予約いただいた方にプレゼント
営業ブログ スマイルちゃんの工事日記 富士点営業ブログ

すまいづくりのポイント

HOME ≫ すまいづくりのポイント
すまいづくりのポイント

『家を建てる前に知っておくべきポイント』実はこれ、とても沢山あるんです。
建ててから「こんなはずじゃなかった・・・」なんて後悔をしないように、お家づくりの秘訣をプロの視点でひとつひとつお伝えします。

お家づくりの流れについて

「“家づくり”といっても何から手をつけたらいいのかわからない」という声をよく耳にします。
実際、“まずは土地探しから”と不動産屋さんまわりはじめる人もいれば、
住宅展示場に行って、“建物の見学”から始める人もいます。

でも、土地や建物から始めるお家づくりはおすすめできません。
土地の価格が一般的に高い静岡県東部。
土地探しがお家づくりで一番難しいと言っても過言ではありません。
難所からスタートすると、土地探しで疲れてしまう方も少なくないのです。
一方建物からスタートする場合はどうか。通常モデルハウスは、大きくてオシャレで最新式設備が整っているものばかりです。そのため、非常に高額でそれだけで家づくりを断念する方もいれば、夢が膨らみすぎて高額なローンを借り入れてしまい建てた後に苦しむ方も。

何より最初に考えなければならないのは、“総予算額=資金計画を決めること”
ただし「“土地代金”と“請負代金”と“諸費用”の合計が総予算!」という足し算方式の資金計画ではありません。「総予算額からだいたい予想のつく“諸費用”を引いた残りの金額が、“土地代金と請負代金”にあてられる額である」という考え方(引き算方式)をしましょう。
そうすれば、「気づいたら予想よりもだいぶ費用がかかっちゃったけれど、ここまで来たらもう後戻りはできないし・・・」なんてリスクは生まれません。

『資金計画→土地→建物』という流れを、きちんと順を追ってひとつひとつクリアしていけば失敗しませんよね。

スタンダードへのお問い合わせはこちら 資金計画のポイント

多くのご家族様にとって「家は一生に一度のお買い物」です。
一方で「家は3度建てないと成功しない」なんて言葉もよく聞きます。
『失敗しないお家づくり』のために何よりも真剣に考えなければならないこと、それは“資金計画”です。
「家を建てたはいいけれど、住宅ローンの返済が苦しい・・・」
「ローン返済に追われて日々の生活が楽しめない・・・」
建てた後にそんな悲しい思いをすることがないように「無理をしない資金計画」をたてましょう。

ポイントは、住宅ローンの月額返済額。
『最長35年という長い期間、毎月欠かさずきちんと支払っていける金額はいくらか』
『子育てや趣味、貯蓄を含めた日々の生活を充実させながら払っていける金額はいくらか』

これをご家族様でじっくり相談しましょう。
そして決定した月額返済額から、逆算して住宅ローンの借入金額を決めます。
その借入金額と自己資金額を足したものがお家づくりの総予算です。その総予算から、引き算方式を用いれば、土地・建物の取得費用を明確になります。
この取得費用の予算が決まることによって、具体的かつ実現可能なマイホームをイメージできるようになるはずですし、不動産屋さんやハウスメーカーさん、工務店さんとの打合せも充実させることができるでしょう。

尚、住宅ローンを選ぶ際には、ボーナス返済や変動金利はあまりオススメできません。
現在住宅ローンの金利は非常に低いですが、金利が上昇した時のリスクやボーナスが出ない(少ない)場合のリスクをきちんと回避できるのか、慎重な検討が欠かせません。

住宅ローンのお問い合わせはこちら 土地選びのポイント

ご存知でしたか?静岡県東部は非常に土地の価格が高いエリアです。
県内土地相場のトップ10を静岡市と浜松市以外は東部エリアがほとんど独占している状態です。
そんな土地価格の高いエリアだからこそ、土地選びは慎重になりますよね。

でも、土地選びに掘出し物(「立地もよくて安い!!」)はほとんどありません。
住む場所に対する要望にきちんと優先順位をつけること、家族様のご要望を70%満たす物件に出会ったときには決断するスピードも必要です。

ただし、決断をするにあたってきちんと確認しておきたいポイントがあります。例えば土地の売買価格以外にかかる費用。地盤改良費用はどれくらいか、上下水道・ガス管が敷地内に引き込まれているか、外構工事にどれぐらい費用がかかるか、固定資産税はどれくらいかかるか等々、土地によって費用がまったく異なります。また、法令による制限も大事です。

物件資料には、「建蔽率」や「容積率」、あるいは「第1種低層住居専用地域」といった専門用語が記載されていますが、その意味を知ると、「将来目の前に高い建物が建って日当りが悪くなるのでは?」なんて心配もいらなくなります。
現地を見ただけではわからない土地のメリットもデメリットもすべて正直にお伝えし、お客様が納得できる土地選びをスタンダードはお手伝いしています。

沼津・三島・清水町 土地情報のお問い合わせはこちら 建物選びのポイント

土地価格の高いエリアだからこそ、『失敗しないお家づくり』をしようとすれば、相対的に建物にかける費用は抑える必要があります。

土地と同じく、建物に求める要望にも優先順位をつけましょう。
そして、「あったらあったで便利だけれど、ないならないでも問題ないものは付けない」という強い気持ちが大事です。

例を挙げると、静岡県東部のお家づくりに、東北や北海道の寒さをもしのぐ断熱材は必要でしょうか?“吹き抜け”は見た目はとてもかっこいいけれど、部屋がその分一つ少なくなる上にエアコンの効きが悪く光熱費が高くなります。とはいえ一生に一度のおうちづくりです。自分の実現したいこと・こだわりをいっぱい施工会社にぶつけましょう。要望を叶える手段は様々あるはずです。
そして建物を選ぶ上で何より大事なことは、『安全性』です。大地震の到来が予想される静岡県東部のお家づくりですから、「安かろう悪かろう」な家では安心して生活できません。柱と柱の間隔はどうか、通し柱を使っているか、筋交を多く配置しているかなどの耐震性を高める工夫が随所に施されているか、またシックハウスの原因となる建材を使っていないかも含めて、建物の見えない部分も安心できる建物であるかを確認しましょう。

スマイルボックス(SmileBox)のお問い合わせはこちら

このページのトップへ