三島市・長泉町で新築一戸建てなら沼津市の株式会社Standard » 住宅展示場見学VOL.2 個性あふれる家づくり

HOMEコラム ≫ 住宅展示場見学VOL.2 個性あふれる家づくり
COLUMN

コラム

2018.12.16
住宅展示場見学VOL.2 個性あふれる家づくり

マイホームを建てるときは、広さと基本設備を把握することが最重要です。
住宅展示場の基本の見方は<前回の記事>でお伝えしましたが、壁や床の材質や色、キッチンやお風呂の形など、自分の好みや個性をもっと出したいという願望はそれぞれにあるかと思います。
基本をふまえてオプションや装飾にこだわった例を見ていきましょう。

リビングやダイニングのインテリア

家族が集まり過ごす場所がリビングやダイニングです。
また、お客様を招く場所でもあり、家の中でもとくに見られる場所ですから、こだわりたい方も多いお部屋だと思います。
こちらの展示場では床材に今人気のヘリンボーンを採用。通常のフローリングと比べ、ぐっと高級感が増します。
さらに、キッチンはオールステンレスのデザインで、ウッド温かみをきりっとモダンに演出しています。

住まいの顔ともいえる玄関ドアや外壁

住宅の内部が心地よい空間であることはもちろん重要ですが、外観にこだわる方も多いと思います。カラーや材質のバリエーションも豊富なので、好みのイメージを再現することが可能です。
また、外環のアクセントになる植物の植え込みやテラスなどにもこだわりたいですね。
どこまでが標準で、どこからオプション価格になるか、しっかり確認しながら自分の好みを探っていきます。

細部にデザインを

デザイン性の高いキッチンのタップ。
国内製品はもちろんのこと、海外製品の取り付けも相談が可能です。

スイッチプレートを変更することもできます。写真はアメリカンスイッチです。取り付ける場所も自由自在。
インテリアの細部にとことんこだわりたい方にも豊富なバリエーションを提案してもらえます。

吹き抜けで開放感を演出

同じ坪数でも天井高の違いで広さの体感が驚くほど変わります。
吹き抜けの空間を設けることによって、憧れのシーリングファンが似合うお家に。
二階廊下にぶち抜かれた空間から玄関のシャンデリアを見下ろして。

リビングを見渡せる中二階をロフトにし、小さな書斎を作ることもできます。お家での仕事もはかどりそうです。

住宅展示場はトレンドのインテリアの参考になり、自分の好みを探るのにぴったりです。
新居の家具を新調する予定の方にも役立つポイントをたくさん見つけることができるでしょう。
見学しているうちに、新たなこだわりも出てくるかもしれません。それもまた、住宅展示場見学の楽しいところです。

見学予約 PAGETOP
PAGA