三島市・長泉町で新築一戸建てなら沼津市の株式会社Standard » リラックスタイムのパートナー。目的別ソファサイドテーブルの選び方

HOMEコラム ≫ リラックスタイムのパートナー。目的別ソファサイドテーブルの選び方
COLUMN

コラム

2019.03.22
リラックスタイムのパートナー。目的別ソファサイドテーブルの選び方
リラックスタイムのパートナー。目的別ソファサイドテーブルの選び方

リビングのリラックスタイムに欠かせないソファ。1日の大半をソファの上で過ごすという方も多いのではないでしょうか。
お気に入りのソファと一緒に用意したいのが、飲みものやスマホの置き場として重宝するサイドテーブルです。
今回はソファで過ごすくつろぎの時間がより快適になるサイドテーブルを、4つの目的別にご紹介します。

「雑誌を読みながらくつろぎたい」

「雑誌を読みながらくつろぎたい」 「1日の終わりは、スマホやテレビから離れて、雑誌を読んでゆっくり過ごしたい」という方におすすめなのが、マガジンラック付きテーブル。

雑誌だけでなく大きめの本を入れられるサイズのものもあるので、子どものお気に入りの絵本をラックに入れれば、おやすみ前のコミュニケーションにもおすすめです。
雑誌や新聞が入れっぱなしにならないよう、出し入れしやすいデザインのものを選んでみましょう。

「場所を移動して使いたい」

「場所を移動して使いたい

「リビングで飲んでいたものをそのまま和室に移動したい」ということ、ありませんか。そんな時に重宝するのがキャスター付きのサイドテーブルです。
サイドテーブルはそこまで大きなものではないとはいえ、持ち上げるとなると案外手間がかかります。キャスターが付いているだけで、室内のちょっとした移動がグッと楽に。
ストッパー付きのものを選べば、安心してテーブルにものを置くことができます。家にいる時間を、ソファだけでなく様々な場所で過ごす方におすすめです。

「リビングに大人数で集まることが多い」

「リビングに大人数で集まることが多い」

来客時など大人数が集まる時に便利なのが、二段タイプのサイドテーブルです。
自分の小皿がわからなくなったり、フロアに飲みものを置くことになると、せっかくの楽しい時間も落ち着かないものです。
ソファに座る人は上段に、フロアに座る人は下段にと使い分けをすることで、皆が快適に過ごすことができます。
普段は、上段をテーブルとして使い、下段はリモコン置き場などにしても。

「使わない時はしまっておきたい」

「使わない時はしまっておきたい」

リビングはできるだけすっきりとした空間にしておきたい方には、折り畳んでコンパクトになるタイプをおすすめします。
使わない時は閉まっておいて、必要な時だけサッと広げれば、めりはりのついた時間を過ごすことができそうです。
また、屋外でも使用できる素材を選べば、アウトドアに持ち出すことも。バーベキュー時のサイドテーブルやランタン置き場に便利です。

まとめ

サイドテーブルといっても、機能面にこだわったものやデザインにこだわったものなど多種多様です。
実際に自分が使用するシーンをイメージして、目的別のサイドテーブルを選ぶことが末長く使えるもの選びのポイントになります。
毎日使うアイテムだからこそ、自分好みの素材や色にも徹底的にこだわって、極上のリラックスタイムをお過ごしください。

見学予約 PAGETOP
PAGA