三島市・長泉町で新築一戸建てなら沼津市の株式会社Standard » 静岡県富士市の土地相場は?

HOMEコラム ≫ 静岡県富士市の土地相場は?
COLUMN

コラム

2019.03.03
静岡県富士市の土地相場は?

富士市は、その名の通り富士山を望む地域にあり、静岡県東部の中心地として栄える町でもあります。
駿河湾や富士川のような水資源が豊富で、温暖な気候の富士市では一度住んでみたいという人も多いです。この町の土地相場はどのくらいでしょうか。

全体的には下落傾向だが鉄道駅を中心に人気が高い

2018年(平成30年)における富士市の平均地価はおよそ6万7000円で、前年度と比べると、およそマイナス0.9%となっています。エリアごとにやや差はあるものの、全体的に下落傾向であるのは全国の地方で見られる傾向でしょう。
ただ人気のエリアは地価平均9万円強、坪単価であれば平均30万円強となります。その人気のエリアとはJR東海道本線の富士駅周辺で、とくに富士市青葉町は地価13万円を超えるほどの人気です。
富士市内はこうした富士駅や東海道新幹線の新富士駅周辺が人気のエリアとなっていて、ほかの人気地区も駅を中心に見ることができます。

富士駅、新富士駅

市内で最も人気が高い青葉町をはじめ、地価が安定している横割地区などが集まるエリアです。
やや距離が離れている富士駅と新富士駅のどちらにも簡単に移動できるため、県内外へ移動する際はとても便利な場所です。

柚木駅

身延線の柚木駅周辺は富士駅にも近く、旧東海道沿いに古くから残る商業エリアにも近いことから、市内では人気の高い地域です。
市の中心部に近いことから県道も整えられており、車での移動がしやすいのも大きな利点でしょう。

竪堀駅

同じく身延線の竪堀駅周辺はこの駅の規模こそ小さいものの、柚木駅同様に富士駅とあまり離れておらず、住居を構えるにあたって不自由さは感じません。
周辺地域の地価は下げ止まっている傾向にあり、お得な土地が見つけられる地域でもあるでしょう。

土地評価額の動向

富士市の地価は長期にわたって下落傾向にありますが、そのはじまりはバブル経済が終わりを迎えた1992年(平成4年)までさかのぼることができます。
土地価格が最も高騰した1991年(平成3年)は平均地価16万円強、坪単価55万円強だったものが、平成30年には地価平均6万円台、坪単価が22万円台まで下がっています。これは昭和50年代後半の土地価格より低くなっています。

とは言え、ここ十数年の前年比はマイナス1%前後であり、地域によっては前年と変わらないところも出てきています。今後大幅な地価の下落は難しいでしょうから、風光明媚な土地を早めに抑えておくほうがいいかもしれません。

まとめ

自然と気候に恵まれた富士市は住むのに適した地域であり、地方にしては充実した都市レベルも整っています。ひと昔前は大型スーパーの撤退などが相次ぎましたが、近年は逆に新しい大小の小売店が新富士駅周辺に進出し、県第3位の都市にふさわしい利便性を見せるようになりました。
この町で暮らしたいとお考えの方は、ぜひ一度弊社までご相談ください。

見学予約 PAGETOP
PAGA