三島市・長泉町で新築一戸建てなら沼津市の株式会社Standard » 使いやすいクローゼット内収納の選び方

HOMEコラム ≫ 使いやすいクローゼット内収納の選び方
COLUMN

コラム

2019.03.22
使いやすいクローゼット内収納の選び方

クローゼットを使いやすくするための収納グッズ。 様々な便利アイテムを取り入れた整理術もありますが、自分の使い方や持ちものとの相性が合わず、結局活用せずに終わってしまうなんてことも。
今回はそんな失敗をしないためにも、クローゼット内収納を買う時に意識したいポイントを3つご紹介します。

同じ収納を2個以上買う

同じ収納を2個以上買う

クローゼット内収納でよく見かけるのが、ポリプロピレン素材の衣装ケース。
透明のものは中がわかりやすく、引き出しも軽いので扱いやすいアイテムのひとつです。
様々な大きさの中から、洋服の種類やクローゼットのサイズを基準にケースを選ぶと思うのですが、ここでおすすめしたいのが、同じ大きさのケースを2個以上まとめて購入するということです。
すべて統一するのは難しくても、2個ならできそうですよね。

複数個同じものが並んでいるだけで、クローゼット内がスッキリと見え、引出しの位置が揃うことで自然と使いやすいクローゼットになります。
また、ふと思い立って洋服を整理したい時に、収納1個分の余裕があると、スムーズに片付けに取りかかれます。ぜひ、ケース2個買いの習慣を取り入れてみてください。

用途が限られた収納は買わない

用途が限られた収納は買わない

洋服の種類やファッションアイテム別に作られた専用収納。
ものの特徴に合わせて作られているので、収納としてはもちろんしっくりくるのですが、日常的に出し入れするには、少し使いにくいと感じるものも。

せっかくの便利アイテムも、使わなければクローゼットのデッドスペースとなってしまいます。
まずは、ポールやシンプルなケースを活用し、専用収納はそれでも必要と感じてから購入を検討することをおすすめします。

ランドリーグッズを使ってみる

ランドリーグッズを使ってみる

クローゼットから服を出して、洗濯をして、またクローゼットにしまうという一連の流れが、忙しい毎日の中では手間に感じる方も多いはず。
そんな方におすすめなのが、ランドリーグッズとクローゼット内収納を兼用するという方法です。クローゼット内のハンガーラックのスペースを広くとって、ハンガーは洗濯用とクローゼット用を兼用すれば、多くの衣類を畳まずに、洗濯後そのまましまうことが可能です。

また、洗濯かごをストールや手袋入れにしたり、洗濯ネットをセーターと引出しの接触防止に使うアイデアも。
ランドリーグッズに目を向けることで、新たに収納を買い足さずにクローゼットが整理できるかもしれません。

まとめ

クローゼットがスッキリとして使いやすいと、毎日を気持ちよく過ごせます。
型にはまらずに、持ちものや生活スタイルにあった最低限の収納を選び、自分仕様の快適なクローゼットを作ってみてください。

見学予約 PAGETOP
PAGA