三島市・長泉町で新築一戸建てなら沼津市の株式会社Standard » 北欧デザインと和モダンの、温もりリビングの作り方

HOMEコラム ≫ 北欧デザインと和モダンの、温もりリビングの作り方
COLUMN

コラム

2019.05.08
北欧デザインと和モダンの、温もりリビングの作り方
北欧デザインと和モダンの、温もりリビングの作り方

ひとつのインテリアテイストに縛られずに、いくつかのテイストを融合させて空間を作るミックススタイル。
複数のインテリアのテイストを組み合わせるなんて難しそう、と思うかもしれませんが、ポイントをおさえれば、それぞれのテイストの良さを生かした、ワンランク上の空間をつくることができます。
今回は、住まいとして居心地がよく、取り入れやすい北欧と和モダンをミックスした空間の作り方について紹介します。

直線を意識した空間づくり

直線を意識した空間づくり

障子や畳、ふすま……。和室を見渡すと直線的なもので構成されていることがよくわかりますよね。
直線がつくる凛とした雰囲気は、和室ならではのもの。
和モダンスタイルを作る際は、ぜひこの形式美をいかした空間づくりをしてみてください。
例えばリビングの一角に琉球畳の小上がりを作ったり、窓を思い切って障子にしたり、ダイニングとリビングの空間を仕切るために、格子の壁を取り入れてもおしゃれです。
これらのものと統一感をだすために、ソファなどのリラックスアイテムも、なるべく直線的なものを取り入れたデザインを選ぶようにしましょう。

ホワイトやナチュラルを基調に

ホワイトやナチュラルを基調に

和モダンと北欧をかけわせるために、色味は全体的に白やナチュラルを意識しましょう。
暗いトーンの家具やファブリックを選んだ場合、色のかもし出す重厚感で一気に和テイストが強くなることも。
明るい色味を取り入れることで、北欧スタイルのアイテムや現代的なデザインのものとバランスが取りやすくなります。
例えば、部屋を仕切る白木の格子を背景に、北欧のかわいらしいモビールがゆれる空間、なんておしゃれではないでしょうか。

照明やチェアは北欧デザインを取り入れる

照明やチェアは北欧デザインを取り入れる

空間が整ったら、照明やチェアは思いきり北欧感の強いアイテムを選んでみましょう。
程よく温かみのある北欧デザインは、和の柔らかなテイストにしっくりときます。
例えば、ルイスポールセンのペンダントライトに、窓辺にはヤコブセンのチェアなんていかがでしょうか。日本の研ぎ澄まされた建築様式をいかした空間に、北欧の洗練されたデザインが映える上質なインテリアが出来上がります。

まとめ

温もりだけでなく、現代的な洗練された雰囲気も感じられる北欧デザインと和モダンのミックススタイル。落ち着いた雰囲気を大切にしながら、ひとつひとつのアイテムにこだわりをもつ世代にもおすすめのテイストです。

見学予約 PAGETOP
PAGA