三島市・長泉町で新築一戸建てなら沼津市の株式会社Standard » 高機能住宅のポイントのひとつ、高気密高断熱のメリットデメリットは?

HOMEコラム ≫ 高機能住宅のポイントのひとつ、高気密高断熱のメリットデメリットは?
COLUMN

コラム

2019.05.08
高機能住宅のポイントのひとつ、高気密高断熱のメリットデメリットは?
高機能住宅のポイントのひとつ、高気密高断熱のメリットデメリットは?

家を建てる時に、耐震性や断熱性など、住宅の性能を重視したいと考える方は多いのではないでしょうか。
安全に暮らすことや快適に暮らすことは、1日の長い時間を過ごす家ではとても大切なことですよね。今回は住宅の性能の中でも、近年注目されるZEH住宅でも気になる、高気密高断熱について紹介します。

高気密高断熱とは?

高気密高断熱とは?

高気密高断熱を高気密と高断熱の特徴に分けて考えてみましょう。
高気密住宅とは、家に入ってくる外気と家の中の空気が行き来することがないよう、除水シートや、気密テープなどを使って、家の隙間をできるだけつくらないように建てられた住宅です。
また、高断熱住宅とは、家そのものの断熱性能を高めるために、断熱材を入れたり、断熱性の高い窓を採用して建てられた住宅のこと。
二つの性能を合わせた高気密高断熱の住宅は、外からの暑さや寒さの影響を受けにくいため、一年中、快適な温度で過ごすことができます。

メリットは?

メリットは?

高気密高断熱の大きなメリットは2つ。
メリットのひとつは、気密性と断熱性が高いことから、冬はとにかく暖かいということ。
冬に、昔ながらのおばあちゃんの家に泊まりに行ったりすると、リビングはストーブの熱で暑いくらいなのに、寝室に行くと息が白いほど寒かったという経験はないでしょうか。
高気密高断熱の家は家全体を一定の温度に保つことができるので、どこにいても適温で過ごすことができます。また、空間ごとの温度差が少ないので、ヒートショック現象を抑えることも。
もうひとつのメリットは、光熱費を抑えられるということ。
家そのものが、適温を保つことができる構造になっているということは、冷房や暖房などの器具を使う機会が減るということが言えます。家電で消費するエネルギーが小さくなると電気料金の節約につながり、お財布にも優しいですよね。

デメリットは?

デメリットは?

夏も冬も快適に過ごすことができる、高気密高断熱の住宅。
デメリットは何かといえば、それだけの機能を備えるための費用がかかるということではないでしょうか。
設備の例として、気密性の高い空間に空気を滞留させないための24時間換気システムや、断熱性の高い空間において日射による熱で室内が温まらないようにするための遮熱タイプの複層ガラスなどがあります。
ですが、設備にしっかりとお金をかければ、居心地の良い住まいが手に入ると考えると、高い買いものではないかもしれませんね。

まとめ

永く住む住居のことを考えたら、高気密高断熱の住宅はとても魅力的です。
その良さを実感するためには、施工の精度も重要ポイントのひとつと言われています。信頼できる住宅メーカーや工務店を見つけて、快適な住まいを手に入れましょう。

見学予約 PAGETOP
PAGA