三島市・長泉町で新築一戸建てなら沼津市の株式会社Standard » 住宅ローンを組む前に、ライフプランをたててみよう

HOMEコラム ≫ 住宅ローンを組む前に、ライフプランをたててみよう
COLUMN

コラム

2019.05.24
住宅ローンを組む前に、ライフプランをたててみよう
住宅ローンを組む前に、ライフプランをたててみよう

家という大きな買い物を前にして、不安に覚えることといえば、この先きちんと住宅ローンを払っていけるかということではないでしょうか。
無事にローンを組むことができても、自分の将来がイメージできていないと不安はなかなか拭い去れないものです。
今回は、そんな不安を解消するためにも有用なライフプランについて紹介します。

ライフイベントを把握する

ライフイベントを把握する

ライフイベントとは、結婚、子供の教育、住宅の取得、退職など、人の一生における出来事のことです。
ライフイベントには想定外の費用がかかることも少なくありません。
結婚式をするかしないか、子どもの進学先が私立か公立かなど、選択によって百万円単位の差が生じることも。
また、子どもの進学とマイホーム購入が重なったりした場合、家計が苦しくなったり、なにかを諦めざるを得ない状況になることも考えられます。
いざお金が必要な時期に困らないよう、まずは、この先どの時期にどんなイベントがあるのかを把握することから始めてみましょう。

「住宅資金」「教育資金」「老後資金」3大必要資金について

「住宅資金」「教育資金」「老後資金」3大必要資金について

ライフイベントの中でも、子どもの教育、住宅の取得、老後にかかる資金額は大きく、これら「教育資金」「住宅取得資金」「老後資金」は、人生の3大必要資金と言われています。
子ども一人で何千万円かかる、と言われるように、決してすぐに用意できるような額ではありません。
3大必要資金については、時期と金額を把握した上で、コツコツと準備をしましょう。

自分でたててみるライフプランニング

自分でたててみるライフプランニング

ライフイベントを把握できたら、この先の夢や目標を叶えるために、実際に自分でライフプランニングをたててみましょう。
ライフプランニングを行うために用意するものは、次の3つ。

①ライフイベントと必要な資金を時系列にまとめた表
②将来の収支状況と貯蓄残高の予想をまとめたキャッシュフロー表
③一定時点における資産と負債のバランスをみるための表

これらを用いることで、現状を把握し、問題点を明らかにすることができます。
問題点が明確になれば、資金調達の方法を考えたり、ライフイベントにかける費用の調整ができますよね。

まとめ

お金に関する不安は、現実を丁寧に見つめることが、解消へのいちばんの近道です。
ライフプランを明確にすることで、住宅ローンを返済しながらも、家計に無理がかからないような人生設計を描くことができるのではないでしょうか。

見学予約 PAGETOP
PAGA