三島市・長泉町で新築一戸建てなら沼津市の株式会社Standard » 家に少しだけ手を加えて。快適に家事をこなすためのシンプルな発想

HOMEコラム ≫ 家に少しだけ手を加えて。快適に家事をこなすためのシンプルな発想
COLUMN

コラム

2019.05.29
家に少しだけ手を加えて。快適に家事をこなすためのシンプルな発想
家に少しだけ手を加えて。快適に家事をこなすためのシンプルな発想

掃除や洗濯など、家族が増えると一気に重労働になる家事。
今回は、住まいに少し手を加えることで、家事の負担を軽減できるアイデアを紹介します。

みんなのクローゼットコーナー

みんなのクローゼットコーナー

夕方に外から取り込んだ洗濯物が山積みになっていると、ため息をつきたくなることはありませんか?
そこでおすすめしたいのが、洗濯物を、ハンガーから外さずに取り込んだらそのままクローゼットに移動するという方法です。
その時、家族それぞれの部屋ではなく、ひとつの部屋のクローゼットにまとめてかけてしまいましょう。
クローゼットがない場合は、広い部屋に突っ張り棒を設置するのも良いですね。
定位置から、各自で部屋まで持っていってもらえば、家事の負担は一気に軽減されます。
また、シワを気にせず、自分なりのしまい方もできるので、家族にとっても嬉しいアイデアと言えるのではないでしょうか。

収納棚は扉つきに

収納棚は扉つきに

食器の出し入れもしやすいし、見せる収納ってなんだか素敵と思って買った食器棚。
この食器棚のおかげで小さなストレスを感じている方はいませんか?
オープンタイプの食器棚は、ほこりがたまりやすく、忙しい食事支度の際のちょっとした拍子で他の食器を落としそうになるなんてことも。
これらの悩みは、食器棚に扉をつけることで解消されます。
扉をつければ、ほこりがたまりにくくなり、一気に掃除の負担が軽減されます。
また、ガラスやアクリル性の扉にすれば、中も見えるので、使いたいものをサッと取り出すこともできます。
取りつけの手間はありますが、日々のストレスがなくなると思えば、DIYも楽しんでできるのではないでしょうか。

各自の部屋に、もの干しを

各自の部屋に、もの干しを

晴れた日に、家族全員の布団や部屋ごとのラグを外に干すと気持ちがいいですよね。
ただ、布団などの重たいものを、各部屋からベランダまで持ってくるのは、結構な重労働。
また、普段の洗濯物で使う物干しスペースでは、全部まとめて干すのが難しいことも。
そんな悩みを解決するために、各自の部屋に物干しバーを設置してみてはいかがでしょうか。
布団やラグを移動する手間が省け、快晴の時間を狙って一気に布団を干すことができます。

まとめ

家事の負担を軽減するために、時短家電を購入するのもひとつの手ですが、アイデア次第では、お金をかけずに、家事をグッと楽にすることができます。
毎日使う場所に少しだけ手を加えて、快適に家事をこなしましょう。

見学予約 PAGETOP
PAGA