三島市・長泉町で新築一戸建てなら沼津市の株式会社Standard » 家づくり一年生向け、一戸建ての選択肢

HOMEコラム ≫ 家づくり一年生向け、一戸建ての選択肢
COLUMN

コラム

2019.07.10
家づくり一年生向け、一戸建ての選択肢
家づくり一年生向け、一戸建ての選択肢

いざマイホームを建てることが決まっても、はじめての家づくりでは、なにをどのように選んでいいのかわからないことだらけですよね。今回はそんな家づくり一年生に向けた一戸建てのタイプを紹介します。

建売住宅

建売住宅

建売住宅とは、土地と建物がセットになって販売されている新築分譲住宅のこと。広告や実際に住宅地で見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。建売住宅は、すでに完成している物件もあれば、着工前や建築中の物件もあります。部分的にオプションを選べることもありますが、基本的には間取りや内装、設備はあらかじめ決められていて購入者の意向は入りません。
メリットとしては、仕上がりのイメージがわかりやすいことや価格相場が安いことなどがあげられます。逆に言うと、すでに完成された住まいなので自分自身で作りあげる楽しみはないということも。細部にこだわりをもっていたり、オリジナリティあふれる住まいを作りたい場合などは、建売住宅は候補から外した方が無難です。

建築条件付き土地

建築条件付き土地

売り主によって、あらかじめ工事を請け負う会社が指定されている土地のことです。土地の売買契約をしてから、一定期間内にどのように設計するかを決め、建築工事の請負契約に入ります。間取りなど、注文住宅と同じで基本的には自由ですが、施工会社によっては工法や建材に制限があることも。元々、気になっていた住宅会社が請け負いに指定されている土地であれば、自分の好みに近い家を建てられるのではないでしょうか。

ハーフオーダー

ハーフオーダー

最後に紹介するハーフオーダーは、元から決まっている部分と自分で決められる部分を持ち合わせた住宅です。ハーフオーダーは、土地がセットになっている建売タイプと、土地を自分で用意する注文住宅タイプがあります。基本プランの中から、好みの外観や間取りを選ぶことができるので「建売住宅だと自由度がなくて嫌だけど、金額的に注文住宅には手が出ない」といった場合や「はじめての家づくりなので、ある程度は決まっていた方が安心」という場合におすすめです。家族構成や土地の大きさにあった住まいの大きさを決めてから、間取りなどをカスタマイズし、パーツを選んでいくという流れが一般的になります。決められた大枠の中で自分のこだわりを要所要所で取り入れられるので、家づくりの初心者にとってはおすすめの選択です。

まとめ

「家は3回建てないと満足がいかない」という言葉がありますが、現実的に生涯で3回も家を建てられる人はなかなかいないのではないでしょうか。注文住宅こそが理想のかたちとは限らず、ハーフオーダーなど、プロのちからを借りて、安心して暮らせる住まいを楽しみながらつくるという選択は若い世代にはあっているような気がします。大切にしたいポイントをおさえながら、自分たちにあったマイホームを建てましょう。

見学予約 PAGETOP
PAGA