三島市・長泉町で新築一戸建てなら沼津市の株式会社Standard » ご近所トラブルはこうして回避しよう!念願のマイホームで、気持ちよく新生活を始めるための知識まとめ

HOMEコラム ≫ ご近所トラブルはこうして回避しよう!念願のマイホームで、気持ちよく新生活を始めるための知識まとめ
COLUMN

コラム

2019.07.15
ご近所トラブルはこうして回避しよう!念願のマイホームで、気持ちよく新生活を始めるための知識まとめ
ご近所トラブルはこうして回避しよう!念願のマイホームで、気持ちよく新生活を始めるための知識まとめ

家の工事日程が決まったら、ご近所への挨拶の計画も忘れずにたてましょう。工事前と引越し後に挨拶することで、気持ちよく新生活をスタートすることができます。何か気になることがあった場合や災害時にも、ご近所さんと良好な関係を築いておけば安心です。

工事前には挨拶まわりを

工事前には挨拶まわりを

工事が始まる前の挨拶まわりは、ぜひやっておきたいことのひとつです。今後のご近所付き合いのためだけではなく、実際に工事をする職人さんとご近所さんが顔を合わせた時に挨拶があったか否かで、建築工事に対しての印象が大きく変わることも。
具体的には、施工者と一緒に「ご挨拶」と表書きをつけたタオルや、ちょっとしたお菓子などを持って近所をまわり、工事の日程や作業の時間帯、騒音が大きくなりそうな日などを伝えておきます。また、工事についての問い合わせ先も率先してお知らせしておくことで、ご近所の方に安心していただけるのではないでしょうか。

トラブル回避に役立つ知識

トラブル回避に役立つ知識

一軒家の場合、隣近所とのお付き合いが何十年にわたることも。ご近所さんの中でも隣接する家とは、できるだけ良好な関係を続けたいものですよね。隣接する家のことで何か気になることがあった場合には、相隣関係の規定を確認してみましょう。相隣関係とは、隣あった土地や建物の法律的な関係のこと。規定に定められていることを知識として身につけておけば、円滑に話を進められるのではないでしょうか。例えば、お隣さんの庭の枝が自宅の敷地に伸びてきていて支障がある場合は枝を切るよう請求できたり、根っこが侵入している場合は自分で切り取ることが可能、など身近に起こり得るようなことも、相隣関係の規定は細かく対応しています。

安心できるご近所付き合いを

安心できるご近所付き合いを

家が完成し、引越しが済んだら、当日か翌日にはご近所への挨拶を。向かいの3軒と両隣が一般的ですが、裏に家がある場合は、裏の家も忘れずに行きましょう。工事中に迷惑をかけたお詫びと、これからよろしくお願いしますという気持ちを、できれば家族全員で伝えに行くとよいです。ご近所さんと子どもの年齢や家族構成をきっかけに仲良くなったり、訪問した際、日中在宅しているご夫婦がいることなどがわかると安心感にもつながります。

まとめ

ご近所さんと普段から挨拶を心がけることで、災害時などスムーズに助け合いができたり、子どもやお年寄りなどの様子をお互いに自然と気にかけることができます。適度な距離感を保ちながらも、助け合いの気持ちを持って、ご近所付き合いをはじめましょう。

見学予約 PAGETOP
PAGA