三島市・長泉町で新築一戸建てなら沼津市の株式会社Standard » 資金繰りに困った!そんな時にはまず相談を

HOMEコラム ≫ 資金繰りに困った!そんな時にはまず相談を
COLUMN

コラム

2019.07.30
資金繰りに困った!そんな時にはまず相談を
資金繰りに困った!そんな時にはまず相談を

住宅ローンの返済は、十年単位の長期間に及びます。その間に、病気や火災、会社の倒産など不測の事態が起こらないとも限りません。今回は万が一、住宅ローンを返済できなくなった場合の相談先について紹介します。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーとは、収支・負債状況や資産などから、ライフプランにそった資金計画の策定やアドバイスをしてくれるお金のプロ。滞納するまでとはいかなくても、住宅ローンの支払いが厳しいと感じた段階で相談にいけば、様々なアドバイスをしてくれることでしょう。例えば、今の住宅ローンの金利をみて他の低金利の銀行で借り換えすることを提案してくれたり、加入している保険を見直して無駄を指摘してくれたり。家計の収支の改善の兆しがみえたら、少し安心しますよね。住宅ローンの返済に限らず、今後の生活に役立つお金に関する知識なども教えてくれるので、一度、話を聞いてみることをおすすめします。

金融機関

金融機関

病気やけがによる長期休業や勤め先の経営悪化による給与カットなどが発生し、住宅ローンの返済が苦しくなった場合には、住宅ローンの借入れをしている金融機関に相談にいきましょう。返済条件を変更し、月々の返済金を減額したり、延長するというかたちで、返済の負担を軽減することが可能です。また、一定期間だけ返済額を減らす、ボーナス返済を中止する、など細かい方法も。銀行にとっても、滞納が続いてしまうよりは小額でも支払いを継続してもらった方が良いため、債務者に合わせた救済措置をとってくれます。金融機関に相談に行く場合も、滞納してからではなく、滞納する前に相談にいき、ありのままの状況を伝えましょう。

弁護士や司法書士

弁護士や司法書士

最後は弁護士や司法書士への相談です。弁護士や司法書士への相談は、住宅ローンの返済が滞り、家を手放す可能性などが出てきた場合のために紹介します。住宅ローンの滞納が続くと、最終的に金融機関はマイホームを差し押さえ、差し押さえたマイホームは競売にかけられます。競売は避けたいという場合には、任意売却といって、ローン債務者の任意で家を売却するという方法があります。任意売却にすると、債務者自らマイホームを売りに出し、売れたお金でローンを返済するというかたちに。市場価格で売ることができたり、経済事情が知れ渡ることが少ないなどのメリットがあります。このような手続きの流れについて詳しく聞いたり、「やはり家は手放したくない」と思う場合の相談先としては、借金問題や法律に詳しい弁護士や司法書士などが適しています。

まとめ

返済が困難になった場合、焦って、消費者金融に走ったりすることは禁物です。金額の大小に関わらず、できるだけ早めに相談することが何よりも大切です。

見学予約 PAGETOP
PAGA